レディ

大家さんに打ってつけのサービス|賃貸管理はプロに依頼

行き届いた管理

マンション

自主管理との違い

マンション経営では管理業務が必要となりますが、これには自主管理と、マンション管理会社による委託管理の2種類があります。そしてマンション経営者のほとんどが、後者を選択しています。なぜならマンション管理会社に任せることで、自主管理では困難とされている様々な管理業務がスムーズに進むようになるからです。具体的にはマンション管理会社によって、共用部分の衛生管理やメンテナンス、外壁や基礎などにおける老朽化対策が行われます。法律で義務付けられている、水道やエレベーターなどの定期点検も、業者の手配から点検後の報告まで、マンション管理会社に任せることができるのです。もちろん、日常でのマンションおよびその周辺の巡回も委託できます。これにより、備品の消耗や鳩による糞害などのトラブルが確認された場合には、専門業者による適切な対応がスピーディに行われるのです。自主管理では、体調などの都合により巡回ができないこともありますが、マンション管理会社に任せた場合には、そのようなことはありません。スタッフが多い分、個々の都合に左右されない、行き届いた管理が可能となっているのです。こういった管理業務により、マンションの評判が良くなれば、借り手が増えやすくなりますし、その分経営者の利益も増えます。さらにメンテナンスによって劣化が予防されるため、建物の価値が下がりにくくなります。つまり、将来的にマンションを高く売却することも可能となるわけです。そのため利益を追求する経営者ほど、マンション管理会社を積極的に利用しています。

Copyright © 2017 大家さんに打ってつけのサービス|賃貸管理はプロに依頼 All Rights Reserved.